ついったー
プロフィール
NO Image

管理人 brauny

カレンダー
01 | 2017/03 | 02
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
最新記事
カテゴリ
検索フォーム
FC2カウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード
QRコード
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 | --/--/--(--) --:-- | |
ようやく始動も・・・
自作PC未完成(完成度40%)ながらもようやく起動しました。

HDDフォーマット1時間、OSインストール30分、更新プログラム(85項)1時間、
OSアップデート30分、主要データーの移動1時間半と結構時間がかかりました。

ただ、ケースファンと電源ファンが認識されておらず(配線ミス?)、
熱が溜まりやすくなってますが、電源の限界容量まで使用していない
現状では大した問題でもないはず・・・
 
 
 
PC構成(未完成40)
完成度40%、現時点での構成はこんな感じです。
(市販品11万クラスと同程度の性能で、通常使用なら難なくこなせるレベル)

CPUは、Core i5-750や760の4コアと同等の中の上クラス、
GPUは、intel最新鋭グラフィックと同等の下の下クラス。

数値化すると、CPU 5400/15000の32点、GPU 1500/18000の9点で
総合性能は、6900/33000の23点です。(下の下性能)

「世間的に高性能」と言われているCore i5搭載PCを軽く上回るレベルです。
(i5搭載PC CPU 3000/15000の20点、GPU 1600/18000の9点で
総合性能 4600/33000の11点・・・、これでで高性能?)

あとは、HD6000シリーズの発売後に、型落ちしたHD5770を搭載したら一応は完成です。
550W電源使用での、限界性能値にはまだ余力を残しています。
(6コアCPUとか、電源容量限界ギリギリでHD5850等)


CPU1つで9万(I7-980X)や、GPU1つで4万(HD5870)や、
電源1つで3万とか(80plus GOLDの1000W電源)等を使えばいくらでも上を目指せますが、
2年以内に最強性能が中の下~上の下の価値に落ちるので、高性能部品を積むのが
なんだか馬鹿馬鹿しいです。

この結果により考え付いた結果が、
「コストパフォーマンス最優先で作る」ということです。
具体的には、BTOショップと同レベルのPCを作るということです。
(注 ●ッタクリ価格の国内メーカー製は相手にしてません。




ここまでの総費用

ケース     6,000
MB       10,000
CPU       9,500
メモリ      9,500
HDD      8,000
光学ドライブ 3,000
電源      7,000
(光学ドライブ 3,000)
(OS XP    12,000)

計       53,000(68,000)

モニター     16,500(21,5インチ フルHD)
HDMIケーブル 3,000(3m)
キーボード   4,000

総合計    76,500(91,500)


モニターが少し計算外でした。
(HDMIケーブル 3m、イヤホン 1,5m+延長ケーブル 1,5mも、双方あと30cm足りない)
↑が原因で、少々体勢がつらいです。

HDMIケーブル 3m
← DVI⇔HDMI変換プラグを使用し、モニター付属のケーブルで延長
イヤホン 1,5m+延長 1,5m
← さらに延長ケーブルを追加

↑のような対策で乗り切ろうかと思ってます。
・・・が、4ヶ月連続の+1,6万出費がかなりの痛手になってます。
来月に、型落ちしたHD5770狙いも予定を1ヶ月延期せざる得ない状況。


90Kも掛かったのに、たかが23点の性能で、国内メーカー製よりも
40K程度安いだけ(海外製だと、ほぼ同額)で、BTOショップには
値段・性能ではボロ負けです。

90kもあれば、BTOショップだと、Core i7-760、4G、500GB、GT240ぐらいの
中性能帯のPCが買えてしまいます。(中の中性能)
(CPU 6000/15000の40点、GPU 9600/18000の53点、
総合性能 15600/33000の49点で、国内メーカー製180Kのカスタムモデルと同等)

やはり、どう足掻いても、
国内メーカー製<<<海外メーカー製<<<<<自作<BTO
↑の構図は崩れません。


再来月のグラボ追加(+1,5万)で、性能は約12,000は上がるので、
BTOにもギリギリ勝てるか同レベルぐらいにはなると思います。
一応、現時点ではBTOに-5K程で同性能になる構成のはず・・・
(HD6000シリーズの発売で、HD5000シリーズの価値がどれだけ落ちるか次第)





さて、ここまでgdgdと書いていますが、ここでPCに関して重要な情報を。

CPUは、ユーザー置いてけぼりのintelにせず、AMDを選択して正解でした。

intelは、LGA1156のCore i3/i5/i7の中位(性能 3300~8500)までは年度末で終了。
LGA1366の高ランクi7(性能 7700~15000)は来年中盤まで。
ランクの低いノート用のi3/i5/i7(性能 1100~2800)は不明。
(性能 4600~5800のノート用4コアのi7は地雷なので除外)
1年足らずで、現行ソケットを廃止する始末。
(新型開発の際には、旧製品と互換性なしは毎度の事)

これに対し、AMDは1年半前からのAM3と新型を平行で開発するです。



GPUは、近年迷走を続けるNVIDIA、確実な進化をしているATI。

NVIDIAのGFはよくゲームに推奨されていますが、現行のGF400シリーズは
現行のゲーム(DX9対応)には100%の性能が出ない謎仕様。
(DX11に特化しすぎているようなので、DX9環境下では力不足)
FF14発売をいい事に、BTOショップが大量在庫を抱えている
GTX470、GTX480を推奨PCに搭載し、無知ユーザーに投売り状態。
(投売りとは言っても、メーカー価値250kクラスを120~180kと良心的価格)

対するATIは、HD5770が人気で在庫切れ勃発中。
↑は正直困ってます。
型落ち待ちなのに、買うまでになくなっては非常に困ります。
性能×値段のバランスが非常にいいので、当然の結果ですが。





PCの事を勉強してから分かったことは、
「安く済ませたいなら、BTOのデスクトップを買うか、自作」という事です。
基本的に、メーカー製は拡張不可(できても大して変わらない)で、
性能不足なら買い替え必須です。
(ネットぐらいしかしないなら、メーカー製でも性能は問題なし)
↑のレベルとは次元違いの領域にいるので、こんなものは眼中にありません。

PCド素人と上級者の違いは、ネットの基礎的な使い方の違いでしょう。
正しい使い方で、ごく僅かな事を覚えるだけも十分上級者ですから。
(↑ トラブルが発生しても自己解決できる知識)
PC関連 | 2010/09/19(日) 23:30 | Trackback:(0) | Comments:(0)
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。